読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【代謝】ブロッコリースプラウトに含まれる成分「スルフォラファン」が肥満を抑制!/金沢大など

ブロッコリースプラウトに含まれる成分が肥満を抑制!

医薬保健研究域附属脳・肝インターフェースメディシン研究センターの太田嗣人准教授と医薬保健研究域医学系の長田直人助教の研究グループは,カゴメ株式会社と共同で,ブロッコリーの新芽(ブロッコリースプラウト)に多く含まれる「スルフォラファン(※1)」に肥満を抑える効果があることを,マウスを用いた動物実験で明らかにしました。

ブロッコリースプラウトに多く含まれるスルフォラファンは,体内に取り込まれた化学物質の解毒や抗酸化力を高めることで,がんを予防する効果が知られています。
一方,過食や肥満により酸化・還元のバランスが崩れると,さまざまな病気の発症に関与することが近年の研究からわかってきましたが,肥満に対するスルフォラファンの効果は明らかになっていませんでした。

今回の研究から,既に知られていたスルフォラファンの解毒・抗酸化作用に加えて,①脂肪細胞の褐色化(※2)を促進することでエネルギー消費を増大させ,肥満を抑制する作用,②高脂肪食による‘肥満型’腸内細菌叢(そう)を改善し,代謝性エンドトキシン血症(※3)を抑える作用,という新たな2つの作用を明らかにしました。
これらの作用には,肝臓や脂肪組織の炎症,インスリン抵抗性(※4)を改善させ,生活習慣病の予防につながる波及効果が期待されます。

本研究の成果は,米国糖尿病学会誌「Diabetes」のオンライン版に日本時間2017年2月17日午前0時に掲載されました。
— 引用ここまで 全文は引用元参照 — 

▽引用元:金沢大学 登録日:2017年2月17日
http://www.kanazawa-u.ac.jp/rd/43969
http://www.kanazawa-u.ac.jp/wp-content/uploads/2017/02/399ba50577ba500f15350c56d22130f6-300x225.jpg

図1 本研究で明らかになったスルフォラファンの新しいメカニズム
http://www.kanazawa-u.ac.jp/wp-content/uploads/2017/02/795316b92fc766b0181f6fef074f03fa-1024x751.png