読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【モータースポーツ】未来感たっぷり!フォーミュラEの新モデルは車両交換なしで頭部保護はキャノピー

18日(土)、フォーミュラEのシーズン3、第2戦アルゼンチン大会がブエノスアイレスで開催される。

そのフォーミュラEの最初のシャシー『SRT01e』を製造しているスパーク・レーシング・テクノロジー
(Spark Racing Technology)は、シーズン5となる2018-19年シーズン用シャシー設計の公開入札で
権利を勝ち取り、新コンセプトモデル『SRT05e』の画像を公開した。

スパーク・レーシング・テクノロジーは、元ルノーF1チーム代表のフレデリック・バスールが2012年10月に
設立している。

■シーズン5からはレース中の車両交換なし!

現行のフォーミュラEは、バッテリー技術の問題もあり、1台でレースを走りきることができないため、
レース中に2台目に車両交換をするというスタイルだ。

しかし、新コンセプトモデル『SRT05e』では、車両交換なしでレースを走りきるため新たな挑戦が必要だ。
そのため、より効率的なエアロパーツ設計、より軽量化し、駆動系の効率の向上によって実現する計画だ。

安全性と革新性は、このプロジェクトの目玉となる。

今までの2倍の距離を走行できるようにするため、より重くなる新しいバッテリー技術を含む新しいシャーシを
設計しなければならない。

10%の重量減を獲るために、新しい材料を使用した革新的な新しいソリューションに取り組んでいるという。
その結果、新コンセプトモデル『SRT05e』はより効率的になると同時に、ドライバーの安全を保つための新しい
開発も必要とされる。

■頭部保護にキャノピー搭載

また、公開されたコンセプト画像には、ドライバーの頭部保護装置としてキャノピーが搭載されている。これは、
レッドブルF1が提案しているものだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170218-00000007-fliv-moto

画像
https://amd.c.yimg.jp/amd/20170218-00000007-fliv-000-0-view.jpg